老犬ぶーやんの介護日記

噛みつきから向き合い続けた柴犬ぶーやん。歳とって、寝たきりに。ぶーやんの可愛さ記録と、介護のいろいろ記録です。(現在の記録だけじゃなく過去の記録も残していくので、ばらばらアップしていきます。

【老犬介護】ハーネス など『歩く補助』におすすめのもの。


 

高齢犬・老犬ぶーやん。 

歩くのが困難になってきたので、いろいろ試行錯誤。

使ってよかったもの、記録します。

 

 

歩けなくなるまで、の経緯は先日アップしました。

buuuyan.work

 

15歳9か月目から、痙攣起こすまでの1か月がとてもはやかったですが、

それまではけっこう頑張って歩き続けていたように感じます。

歩かせることはとても意識してましたし。

 

歩けなくなってくれた方が 介護は楽なんじゃないか、と思ってしまうことも多々あります。

でも歩けなくなった今、やっぱり、歩かせてやってよかったと思います。

むしろ足りなかったか?と反省するくらい。

 

 

まず、ぶーやんのサイズ。

*体長…丸まった状態で60センチ

*体重…5~6キロ(歩いてた頃は10キロ)

f:id:buuuyan:20200610105246j:plain

 

 

 

 

①ハーネス 

 

当たり前ですが、ハーネス。

youtu.be

 

  

これの一番小さいのです。(それでも少しぶーやんには大きいです。)

 

これ、とても柔らかい素材で、身体への負担が少ないんです。

痩せてガリガリの上に、横になってる時間が多いぶーやんにはありがたい。

 

そしてなにより 安い!!!

犬用品は高いのでなかなか手が出せません。

これは本当にありがたい。

我が家には3個あります。

 

 

 

まだしっかり歩けていたころは、上の動画のように

紐の部分を短く切って縫っています 

 

・起き上がりを助けるため

・あちこち頭を突っ込んで下がれなくなったとき

このための利用なので、紐が長いと逆に邪魔なんです。

 

 

歩くことが困難になってからは、

紐の部分はそのまま使っています 

 

f:id:buuuyan:20200608214324j:plain

 

 

これがなかったら、きっともっと早く歩けなくなっていたと思います。

感謝の品です。

 

 おすすめしたい。

 

でも、夏場だと暑いかもですね…

 

 

 

②カート

 
ゆっくりしか歩けなくなり、さらに歩く距離も短くなったころ。
公園に連れて行っても途中でダウン
そうなると、なかなかおさんぽに行けないですよね。
 
そこで出たのがこのカート。
 
 
これがあれば、『帰りの心配』をしなくても、好きなだけ歩かせられます。
好きなだけ歩いて、疲れたらカートで帰る。
これで、かなりさんぽの幅が広がりました。
 

 

このカートの周りを100均のネットで囲っています。

 

 

もちろん、本当はもっといいやつ欲しかったです。

 

でも高いじゃないですか…

 

 

あと、ぶーやんは触られるのが嫌いで、この頃は 私しか抱っこができなかった。

市販のカートは抱っこしないと乗れないものばかり。

だから手が出なかった。

 

このカートは、ぶーやんを歩いて乗させて、ネットであとから囲います。

だから誰でも大丈夫。

 

ちょっと音もうるさいし、目立ちますが、いいんです。

ぶーやん寝れるくらいだから。笑

 

 

 

 

 ③後ろハーネス

 

 

これは完全に歩けなくなってからです。

動画はあまり歩く気がないですが、歩きたい日はめっちゃグングン歩きます。

youtu.be

①で紹介したハーネスの後ろ用を選ばなかったのは、大きすぎるから。)

 

 

 

 

こんな状態で歩かせるなんて、の意見もありましたが。

私はやっぱり、歩くって大事だと思うんですよね。

 

ぶーやんの体と相談しながら、毎回やっていました。