老犬ぶーやんの介護日記

噛みつきから向き合い続けた柴犬ぶーやん。歳とって、寝たきりに。ぶーやんの可愛さ記録と、介護のいろいろ記録です。(現在の記録だけじゃなく過去の記録も残していくので、ばらばらアップしていきます。

【老犬介護】『歩けなくなるまで』『寝たきりまで』どれくらい?

 


高齢犬・老犬ぶーやん。

歩けなくなるまで、どれくらいかかったのかな…

 

ということで、振り返ってみました。

15歳を迎えたときから、老化現象が目立ちだし、1年かからずでした。

 

 

15歳1か月。

歩くペースが急に遅くなりました。

youtu.be

 

15歳2か月。

起き上がりが少しづつ困難に。

youtu.be

 

15歳4か月。

小さな円を歩くように。

youtu.be

 このころから、ご飯をまきちらしながら食べるようになります。

 さらにウンコが我慢できず、しょっちゅう室内で排泄してそれを踏み倒してます。

 

15歳5か月。

あちこち頭をつっこむように。

(動画は机の下で抜けられていますが、ソファや棚、タンス等等あっちこっちに頭を突っ込むと動けなくなり、大声で叫ぶを繰り返してました。)

youtu.be

 

15歳6か月。

サークル内を回るように。

youtu.be

 このころから、夜泣きがはじまります。

 

15歳7か月。

自力で起き上がることが完全にできなくなりました。

youtu.be

 このころから、大嫌いだった「さわられること」がダイジョブになってきました。

 

 

15歳8か月。

リードで引き揚げる補助が必要に。

youtu.be

 このころから、ごはんが上手に食べられなくなり注入器へ。

 さらにおしっこも我慢できなくなり、おむつ生活に。

 

15歳9か月。

左に倒れるので、支えながら歩くように。

youtu.be

 

 

15歳10か月。

痙攣を起こし、これがきっかけで寝たきりに。

buuuyan.work

 

 

あっという間ですね。

15歳9か月目から、痙攣起こすまでの1か月がとてもはやかったように感じます。

どこかから落ちて、怪我して寝たきりになると思ってました。

 

極力支えてでも歩かせるようにはしてました。

本人も歩きたい希望はあったし。

歩くっていちばん大事と思ってます。

 

考えてもしょうがないです。今の現状がすべて。

ぶーやん、この老化を、穏やかに幸せをかみしめる時間となることを祈ります。

 

かわいいかわいいぶーやん。。

 大好きだ。