老犬ぶーやんの介護日記

噛みつきから向き合い続けた柴犬ぶーやん。歳とって、寝たきりに。ぶーやんの可愛さ記録と、介護のいろいろ記録です。(現在の記録だけじゃなく過去の記録も残していくので、ばらばらアップしていきます。

触れる範囲が増えました。

 

老犬ぶーやん。

もともと噛みつきから向き合いなおして頑張ったあとに、痴呆のはじまりで狂暴になり、触れなくなっていました。

今後の生活がとても不安で、少しづつ少しづつ触れ合いを頑張っていたところ。

 

こないだ、おむつを履かせられただけでも 感動でした。

はじめは少々 怒られながら、噛まれそうになりながら、履かせていました。

歳をとって、動きが鈍いし、首の回転範囲も減り、ほぼ噛まれなくなりつつあります。

仮に噛まれても、あごの力が弱いので痛くないのです。

(噛まれたので わかります。)

 

 

それが、最近。

急に 怒らなくなりました。

 

身体の加齢を自覚したのか?

怒る元気がなくなったのか?

触覚がにぶくなったのか?

 

身体のどこを触っても、怒らなくなってきました。

 

f:id:buuuyan:20200708185726j:plain

(肉球の中に毛が生えてきて、床がすべるようです。歩く距離が減った証拠。悲)

 

 

とくにおさんぽ中は 機嫌がよく、だいたい大丈夫。

 

f:id:buuuyan:20200708185701j:plain

f:id:buuuyan:20200708185721j:plain

 

ぶーやんのお口を触るのは、実は初!

いくらコミュニケーションとれるようになっていたとはいえ、口は触れなかった。

自分で触りながら、驚きです。

 

 

噛みつきの犬と暮らしている人にとって、これって一番怖いことですよね。

「痴呆で狂暴になる」

 

我が家も、一時期はどうなるかと思いました。

家族の中で私がいちばん ぶーやんとの相性がよく、触る範囲も私がいちばん広かったので、介護になったら 私しか対応できなくなるのかと不安がありました。

実際そういう家庭を知っているので。

 

でも、ありがたいことに、ぶーやんは 身体の機能が落ちるのと比例するように、穏やかになりつつあります。

個体差はあるでしょうね。

我が家はラッキーでした。

 

ぶーやんの一生分の 甘えを、受け入れてやろうと思っています。